これまでの訓練実施状況

昭和55年9月1日に千葉県を中央会場として 第1回六都県市合同防災訓練を実施して以来、平成28年の第37回九都県市合同防災訓練まで、毎年、訓練を実施してきました。

この合同防災訓練は、

  1. 各都県市の連携・協力体制の充実を図ること
  2. 各都県市と国、他自治体及び防災関係機関との連携強化を図ること
  3. 各都県市の住民の防災意識の高揚及び減災への備えの向上を図ること
  4. 各都県市に共通する防災上の諸問題の解決に資すること

を目的に実施してきました。

この訓練実施により、広域的な応援体制や各都県市及び防災関係機関の連携協力体制の強化が図られたとともに、住民の減災への備えの向上、連帯意識の醸成に貢献できたものと考えております。